これだけ守れば審査通過率大幅アップ!

ビジネスローンとはどんなローンなのか?

それでは、実際にビジネスローンを借りたい場合には、まず何を準備しなければいけないのでしょうか。なにを見られているのかという所から、必要な物や気を付けなければならないことを紹介します。意外と気づいていなかったポイントはありませんか?まずはこちらをチェック。

これらに注意して書類を書こう

ビジネスローンを借りるために大切な、事業計画や決算書などの書類。同じ経営状態の会社でも、これの書き方で審査の結果が変わるなんてこともあります。意外ときちんと書けていないことの多いこれらの正しい書き方とはどのようなものでしょうか。大きく差をつけるポイントです!

ここまで知れば完璧!ビジネスローンの豆知識

ビジネスローンではスコアリングシステムというものが導入されていることが多いようですが、これって一体どんなシステムか知っていますか?また、同じ経営状態で同じ書類を持って行ったとしても、借りられる人と借りられない人に生まれるこの差は何なのでしょうか。解説します。

ビジネスローンを借りるために必要な物とは

何か事業を始めるためにお金を借りたいと思った人は、ビジネスローンというものを聞いたことがあると思います。しかし、これは他のローンと何が違うのでしょうか。まずは詳しくその内容を説明していきます。
まず一番一般的なのはキャッシングでしょうか。しかしこれは、個人向けの貸し方であり、事業目的で借りることは禁止されています。事業資金のために経営者などが借りることはできません。ビジネスのためには、それ専用の借り方が必要となります。
次に銀行のプロパー融資ですが、こちらは審査が厳しいことで知られています。融資額の条件が無く、低金利、保証料などがいらないことはメリットではありますが、審査がとても厳しく、実際に借りられるまでに数か月かかる場合もあります。すぐに資金が欲しい小さな企業や個人事業主には敷居が高いのが難点です。
そんな風に、銀行では借りられないような企業や事業主を救うために作られたのがビジネスローンです。特徴としては、審査がスコアリングシステムで行われることが多いこと、総量規制(個人の借入額は年収の1/3までと定められた法律)の対象外であること、比較的早くお金が借りられること(ノンバンクで即日、銀行でも数日)などがあります。担保は必要な所と必要でないところがあり、生計費に使っても良いという所もありますが、基本的には事業のある目的のみのために使うことが義務付けられています。
担保は、無担保であれば金利が高く限度額が下がりますが、担保がある場合は審査が長くかかる場合もあります。