これだけ守れば審査通過率大幅アップ!

ビジネスローンとはどんなローンなのか?

これは必須!審査に必要なものたち

まずは、企業の経営歴の長さで審査に落ちることはないのか、調べることが大切です。
最近始めたばかりという事業主さんが特に注意するべきですが、一般的に銀行は2年以上、ノンバンクは1年以上という所が多いです。
また、必要書類の準備も大切です。必要な資料としては、事業についての書類(会社の概要、事業の内容、案内など)、商業登記謄本、資金の使い道についての計画書、会社の決算書があります。ここには注意するべきポイントがあまりにも多いので、この後のページで解説していきます。
銀行から借りたい場合は、保証人が必要です。信用保証協会が各都道府県にあるので、そこに保証人を依頼しましょう。保証人を付けたくない場合は、ビジネスローン専門などのノンバンクに借りるようにしましょう。

銀行のビジネスローン

銀行にも、プロパー融資や保証付き融資の他にビジネスローンが展開されている所もあります。他の借り方と何が違うのかと言うと、あらかじめ金利や保証会社、限度額、借入期間が決まっているということです。すべての決まったパック商品にしていることや、審査をスコアリングシステムという自動的なものにしていることで、そのコストを下げて基準を緩くしているのです。他の借り方よりも金利は高めに設定されています。
銀行とノンバンクのビジネスローンを比べると、手続きが面倒であったり、時間がかかったり、少し審査が厳しかったりなどがあります。しかし、審査が厳しくて時間がかかるとは言っても、プロパー融資と比べると、圧倒的に早く借りられますし、保証会社がいればすぐに融資を実行してくれる場合が多いので、審査は甘めであると言えるでしょう。